新江戸染 丸久商店
伝統の東京注染 浴衣と手ぬぐい

どこか懐かしいけれど、いまに合う
きらりと感性が光る伝統の東京の注染

明治三十二年、日本橋堀留町にて注染製品の問屋として創業した丸久商店。手拭・ゆかたなどで知られる注染。東京は浜松・大阪ともに三大産地です。明治時代に生まれたこの染色技法は日本の芸事に季節のお祭りに浴衣や手拭いとして使われて人々の暮らしとともにあり、今でも欠かせない技術です。 丸久商店ははその歴史のなかで沢山の柄や図案を産み出して彩りを添えてきました。今も変わらず東京注染ならではの浴衣や手拭を取り揃えています。膨大な数の図案型紙から図案を復刻したり、着想を得て新たな柄を練ったり。現在ではその用途に限らず「注染」という一つの文化としてモノ作りを行っています。

 

BEST SELLERS