about

一六八堂について

杉並区阿佐谷にあるリサイクル着物店一六八堂(イロハドウ)と申します。

〝イロハドウ〟という屋号は、着物のイロハからはじめる方のはじめの一歩のお手伝いをさせていただきたい、私自身もいろいろなはじめてに挑戦していきたいという思いで名付けました。

珍しくないネーミングなので全国には同じ屋号がたくさん!そこで表記はあえて漢数字で〝一六八堂〟数字に意味はありません、いわゆる当て字ですが、一は数字のはじめ、六と八は・・・字面が末広がりで縁起良さそう?と直感で決めてしまいました。

『成人式の振袖と、夏の浴衣なら着たことはあるけれどなんかいろいろ難しそう・・・・でもちょっと気になる』『すごく興味があるけどなにからはじめていいかわからない・・・』『最近着てないけど・・・やっぱり着物が大好き!』などなど、着物に対するイメージは様々だと思います。

でも着物に袖を通したらみなさん少なからずの高揚感を感じ、はじめての方は着物を知るほどそのコーディネートの楽しさ奥深さに魅せられ、久しぶりの方は着物熱が再燃してしまうのではないでしょうか。一六八堂がみなさまの着物との出会い、再会のきっかけになれたら幸いです。